平成29年 年頭ご挨拶

平成29年1月

杉並区商店会連合会
杉並区商店街振興組合連合会
会長・理事長  内藤一夫

 新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、すこやかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

 昨年中は杉並区商店会連合会に多大なるご支援、ご愛願を賜り心から厚くお礼申し上げます。
また、昨年10月に、私ども杉並区商店会連合会は結成65周年を迎え、一年を通していくつかの周年行事を開催させて頂いております。依然、商店街にとって厳しい状況は続いておりますが、皆様方の温かいご支援やご協力によって、無事に65周年を祝うことができました。重ねてお礼を申し上げます。

 さて、ご承知の通り、私たち生活者を取り巻く経済や生活スタイルは、ますます変化の激しい時代を迎えております。私ども商店や商店会も多岐にわたるお客様のニーズを捉え、地域とともにあるよう日々努力を重ねております。
昨年は、杉並区や、都振連を通して東京都に、地域振興につながる要望を提出致しました。さらに、喫緊の課題として、東京オリンピック・パラリンピックを好機と捉え、行政機関や地元金融機関と連携し、区民生活と地域経済の健全な発展に貢献できる具体的な事業を実施したいと考えております。

 また、商店会は地域のコミュニケーションの場でもあります。私ども商業者も新しい年を迎えられたことに感謝し、改めて地域の暮らしを支える商店であり、商店会でありたいと感じております。
杉並区には、地域の方が、大切に受け継いでいる「伝統」や「文化」があります。65周年を迎えましたが、新しい事にとり組みつつ、30年先、50年先も地域の皆様に愛される商店会であるために、地域の方とともに受け継ぎ、伝えていくことにも、貢献したいと思っております。

 本年も変わらぬご指導、ご鞭撻をお願い申し上げますとともに、皆様にとりまして、新しい年がよりよい一年でありますよう心から祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

西武信用金庫と包括的連携・協力に関する協定を締結

12月1日、西武信用金庫と協定を結びました。
加盟の商店と商店会の課題解決、さらに地域社会への貢献のための具体的な事業に取り組むことにより、地域とともに発展することを目指します。%e9%80%a3%e6%90%ba%e8%aa%bf%e5%8d%b0120103
杉並区商店会連合会 会長 内藤一夫(左)、西武信用金庫 理事長 落合寛司様(右)

杉並区次世代育成基金へ寄付をしました

杉商連65周年記念親睦ゴルフ大会にご参加の皆様からお預かりしたチャリティ金を「杉並区次世代育成基金」に寄付いたしました。杉並区商店会連合会は、子供たちの健やかな成長を願っております。%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a3%e9%87%91%e6%8c%81%e5%8f%82to%e5%8c%ba%e9%95%b7%e5%ae%a420161124
11月24日、区長室に持参した際の写真。杉並区長 田中良様(中央)、杉商連会長 内藤一夫(左)、杉商連副会長 長谷川昭司(右)

祝 第12回東京商店街グランプリ受賞!!

杉商連加盟の和田商店会が、東京商店街グランプリを受賞しました。写真は、本日受賞時の吉村治樹会長

img_1252
事業名は、「街の力を育て合い事業」
子育てグループと協働で、商店街に関するクイズラリー、実演を交えた商店街ツアー、店舗の魅力を体験する「和田トライアルウィーク」を実施。子育てにやさしい商店街として、商店街の活力が高まったという内容です。

杉商連にとって本当にうれしいニュースが飛び込んできました。
おめでとうございます。

他の受賞者等は以下です。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/11/10/14.html